- Blog記事一覧 -身体の冷えと病気

身体の冷えと病気

2017.11.06 | Category: 体温,鍼治療

こんにちは!

仙台市青葉区落合の、もんまはり灸治療院です

 

今日は

身体の冷えと病気の関係性についてお話します

 

 

冷えを改善すると、

身体にとって良い事がたくさんあります

 

女性に多いですが…

お腹は冷えていないですか?

 

手足は温かいけれど、お腹が冷えている方

それは「隠れ冷え性」と言います

 

お腹全体が温かければ内臓機能も温かく

おへそから下が冷たい人は血行が悪く冷えていることを示します

 

 

冷えは絶対に変えていかなければいけない症状です

 

 

信じられないでしょうが、

昭和30年代、日本人の脇の下の平均体温は

低い人で、36.55℃

高い人で、37.23℃

あったと言われています

 

現代、平均体温が37℃あるという方は

本当に珍しいと思います

 

だって今は

36.5℃ない方がほとんどなのです…

 

身体が冷えている方は

不眠や痛み、何らかの症状が必ず出ています

 

 

体温が一度低下すると代謝が約12%減量するので

体内の脂肪が十分に燃えずに残り

高脂血症、糖尿病、肥満の原因になります

 

免疫力も、

体温の一度の低下で30%低下します

 

癌細胞も35℃で一番活性化します

35℃に近いという事は、

それだけ癌の発症確立が高いという事になります

 

冷えは本当に甘くみてはいけない症状です

 

身体からの黄信号だと思って下さい

赤に変わる前に、病気になる前に身体の状態を変える事は出来ます

 

 

鍼灸治療はとても有効です

当院の治療は、身体を温め、血流の流れを改善していきます

治療を続けている方は、体温が0.3℃~0.8℃上がってきています

 

 

少しの健康への意識で、

未来の身体はきっと違いますよ(^^)!

 

 

 


アクセス情報

所在地

〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合5-26-18 プラザ広瀬103

駐車場

3台あり

休診日

日曜・祝祭日・木曜午後

ご予約について

当院は完全予約制となっております